焼海苔を粗粉砕したものがRSP で、その後微粉砕を行いますが、大きさの違いによりTCP-S とTSP に分類されます。また、アオサを粗粉砕したものと海苔の粗粉砕したものを1:1 で混合し、微粉砕したものがMCP となります。 それぞれの簡単な特徴は次の通りです。(詳細は仕様書にてご確認下さい)

0.3~10mmの焼き海苔。(大きさは各メッシュのスクリーンで調節できます)目に見える程度の大きさが残っていて、敢えて『海苔が入っている感じ』を残す場合に適している。

2mmメッシュの場合

平均粒子径50μm 程度に粉砕した焼き海苔。『他の食材の食感を損なわない』程度まで細かく粉砕してあるので、主に食品素材として色々なものに混ぜて使用する場合に適している。

平均粒子径20μm 程度に粉砕して完全に細胞壁を破砕、海苔の持つ様々な機能性を引き出している。主に健康志向商材に適している。

焼海苔とアオサを1:1 で配合し、平均粒子径50μm程度に粉砕したもの。TCP と比較して鮮やかな緑色と礒の風味が強まっている。TCP 同様主に食品素材としての使用に適している。

現在更新情報はありません