• ジェットミル粉砕装置
    空気の流れで原料を粉砕する装置で、マッハ2.0 の旋回気流を狭い空間に発生させ粉砕していきます。非常に
    細かく粉砕できるほか、分級装置と連動させて粉砕物を大きさで分別することも可能です。

  • 左:ジェットミル粉砕機写真(全景)右上:ジェットミル粉砕機写真(粉砕機本体)右下:ジェットミル試験機

  • ボールミル粉砕機
    ポットの中に原料とセラミックのボールを入れて回転させることにより粉砕します。
  • 粗粉砕機
    ピンミル方式の粉砕機。0.5mm・1mm・2mm等のスクリーンがあり、要望に合わせてスクリーンを変更することで回収する粉砕物の大きさをコントロールします。また、ジェットミルに投入する前に粗粉砕の工程が必要な場合にも使用します。
  • 分級機
    粉末を大きさで分別することを分級といいます。これはそのための機械で、主に粗い粒子を取り除くために用います。粉砕機と接続して粉砕と同時に分級することもできます。
  • 無添加製造業の営業許可を兵庫県から受けています【兵庫県指令東播(明健)第521018号】
  • アース環境サービスのアドバイスを受け、粉砕環境の安全維持につとめています。


接続済み分級機&ジェットミル

  • 金属探知機
    粉砕物を回収・袋詰めの後通過させ、金属混入の有無を調べます。
  • 粒度分布測定装置
    レーザー回折式の粒度分布測定装置により、粉砕物が目的の大きさになっているかを測定します。粒子の大きさの分布状態も分かります。
  • 細菌検査関連装置
    クリーンベンチ・オートクレーブ・恒温培養装置等があり、粉砕後(粉砕前)の細菌検査を行います。
    (一般生菌・大腸菌群・真菌)

現在更新情報はありません